人気ブログランキング |

タグ:BASS WORKS RECORDINGS ( 3 ) タグの人気記事

 

■SUGIURUMN / 20xx _ 2014.11.19 発売!

CENDRILLON+ recommend album!


■SUGIURUMN / 20xx _ 2014.11.19 発売!_f0148146_0111967.jpg

■SUGIURUMN / 20xx

ドラム・キットとベース、一音ずつ磨き込まれたマシーン・リズムで構成されたクリアな音の結晶体。
テクノはつねに未来のサウンドを指向する。
15年以上フロアと向き合ったDJにしかつくれないビートがアルバムとして昇華された、20XX年のためのクラシック。


スギウラムはインディー・ダンス、ビッグ・ビート、ハウスそしてテクノと、90年代以降のダンス・ビートと共にその歴史を作ってきた。
DJとして15年以上、世界のDJブースからフロアのオーディンエンスに対峙し、数多くのアンセムを作り出してきた経験がこのアルバムを特別なものにしている。
ある意味、このアルバムは完全なコンセプト・アルバムだ。
DJやダンス・クリエイターのアルバムによくある、ただトラックを集めたものではなく、トータルで考えこまれた作品としてオーディエンスを70分のすばらしい音体験をさせてくれる。
80年代に生まれたマシーン・ビートのダンス・ミュージックはシカゴ・ハウス、デトロイト・テクノからスタートし、様々なトレンドを生み出しながら進化してきた。
マンチェスター、ニューヨーク、ロンドン、イビサ、ベルリン世界の各都市が独自のサウンドを生み出し、週末ごとに実験が繰り返されたダンス・シーンも間もなく30年という歴史を重ねる。
これまでフロアから生み出された数多くのビートやサウンドを、最小限に磨き込まれた音でスギウラムの経験と感性で編み上げている。
それはまるで印象派の絵のように音と音が響き合う特別な世界だ。

週末毎にブースに立ち、マンチェスターイビサのフロアを沸かせ、毎週リリースを続けるレーベルBASS WORKS RECORDINGSを運営、こんな経験を持つDJは世界でも稀な存在だ。
彼が聴いてきた膨大な音源、フロアでの駆け引き、そのすべてをソリッドに凝縮しさらに磨いた後、そこに残ったのは静寂ともいえる美しいサウンド・スケープとなっている
。たった一音のハイハットが実際には鳴っていない音をオーディエンスの胸に響かせる。
パーティーがただ騒げるだけの場所ではなくオーディエンスのイマジネーションを広げる場所に戻るべき今だからこそ、この音が必要なのだ。

このアルバムはマシーン・ビートが哲学までも表現することができることを証明している、クラフトワークからリッチー・ホウテンまでリズム・マシーンという可能性を信じたアーティストの夢をスギウラムもまた受け継いでいる。


■SUGIURUMN / 20xx _ 2014.11.19 発売!_f0148146_012642.jpg

発売日 / 11月19日
価格 / 1500円 (+税)
レーベル / BASS WORKS RECORDINGS
HMV購入

SUGIURUMN / 20xx
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01. Seventy-Seven 6:37
02. Playing With Drum 6:37
03. Homing Device 6:41
04. Jumbo 6:08
05. Contact 0:22
06. 1984 7:23
07. PM 9:09 7:29
08. Kick Alive 2 7:17
09. Station 0:26
10. Bike 7:23
11. Night Citizens 6:42
12. 20xx 7:18

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Clear Sound sculptures structured by Drum Kits, Basses , and Machine-rhythms which have been refined note by note.
Techno is always oriented towards futuristic sound.
A " 20XX CLASSIC " perfectly put together as the finest beat album by a DJ who has been spinning for more than 15 years.

Sugiurumn has made history with his Dance Beats such as Indie Dance, Big Beat, House, and Techno from the 90's onward.
What makes this album special is the experience he has as a DJ and that he has also produced a number of anthems, which gives this album a perfect concept.
This particular album has used a different concept from many other DJs. " 20XX " gives us extraordinary 70 minutes' sound trip with one theme throughout the album.
A machine-beat dance music born in the 80's started as Chicago House / Detroit Techno, which has gradually evolved, setting a variety of trend around the globe. Each city has created its unique sound in Manchester, New York, London, Ibiza, and Berlin. Now the dance music history is almost marking 30 years, a number of experiments having attempted over and over on weekends . Being inspired from dance floors, Sugiurumn puts together beats and sounds with refined minimum sounds, based on his longtime experiences and his unique sense. This atmospheric soundscape is an absolute masterpiece like a painting of impressionist school.

Sugiurumn stands at the booth every weekend, makes people go crazy in Manchester or Ibiza, and manages a label, BASS WORKS RECORDINGS which makes a release every week: it is quite hard to find a DJ like him. After having thoroughly condensed and refinined sounds he had listened to or experiences he had had at night clubs, an only beautiful soundscape is remained. A hi-hat implies there is something more behind it, which attracts every single audience and their heart. Parties has become not only the place to go crazy but where you can stretch your imagination. That's why we need his music now.
This album proves that machine-beat can even represent philosophy. Sugiurum is also another artist who believes in rhythm machines as Kraftwerk and Richie Hawtin has done.

  by 20plus | 2014-12-21 00:13 | ♪ Recommend

•2013.09.13 GUEST PROFILE: SUGIURUMN

•2013.09.13 GUEST PROFILE: SUGIURUMN_f0148146_19543515.jpg


SUGIURUMN

BASS WORKS RECORDINGS主宰。
世界最先端のハウスシーンと常にリンクする、唯一無二の日本人DJ/プロデューサー。
2000年にはじめてIbizaへ行き、大きなインスピレーションを受け帰国。
2004年にリリースしたアルバム『Our History is made in the night』が日本のダンスシーンで大きく注目され、シングルカットされた『Star Baby』が大ヒット。
Axwellによるリミックスは、世界のトップDJがこぞってプレイ。
この楽曲はMinistry Of Soundにライセンスされ、東京のみならず世界を巻き込んで大きな話題になる。
パワフルで熱く、シーンの最前線を常に意識したDJスタイルは代官山Airを拠点に日本中の週末を熱狂させ、その噂は瞬く間に海外へ広がる。

2006年に世界最高峰のクラブ、Pacha IbizaのミックスCDのDJに選ばれPachaのメインフロアで4,000人のクラウドをロック。
Pachaから絶大な信頼を受け、それから3年連続で毎年Pacha IbizaのMix CDを手掛けている。

2007年、AVEXに移籍し『What time is summer of love?』をリリース。
アルバムからのシングル『Travelling』は世界中のレーベルからライセンスのオファーが殺到し、2008年Pacha Recordingsからワールド・リリースされた。
また、アルバム表題曲『What Time Is Summer Of Love?』はRichard Grayにリミックスされ、Pachaのコンピレーションの1曲目に収録。Pacha Ibizaを代表するヒット曲になった。

2008年7月には京都WORLDにてキャリア初となる24時間プレイに挑戦しオープンからクローズまでの24時間のロングプレイを完走、大きな感動を生んだ。

Sugiurumnとして活動をはじめて10年となる2009年、そのキャリアを総括して、さらなる進化を遂げるべく2010年2月にMIDIより『Midi In Midi Out』を、また自身初となるベスト盤『Do You Remember That Night?』をリリースした。
2011年、マンチェスターの伝説的なクラブ、Haçiendaの日本のレジデントになった。そして2012年、Ibizaの世界最大のクラブPRIVILEGEと、国内最大のクラブageHaの10周年のコラボレーションPARTYのレジデントを任された。
2013年4月シリアスなダンスミュージックを世界に発信するBASS WORKS RECORDINGSをスタートさせた。そして7月24日、ワーナーミュージックより、6年振りとなるオリジナルアルバムを『May The House Be With You』発売する。
クラブミュージック、その先のビートはきっと彼が教えてくれるだろう。

Japanese DJ / producer who always links to the latest House music scene in the world.
He went to Ibiza for the first time in 2000 and came back to Japan inspired.
His album “Our History is made in the night(2004)” received fairly-broad attention in the Japanese Dance Music scene, and the song “Star Baby” from the album was a big hit.
The remix version from Axwell was widely played among the top DJs in the world.
This song was licensed by Ministry Of Sound, which built a great reputation not only in Tokyo but also around the globe.His powerful and passionate DJ style rocked the weekends of Japan, being always connected to the latest movement. It didn’t take much time for his name to become world recognized.
In 2006 he was chosen to make a Mix CD for Pacha Ibiza known as one of the best Night clubs in the world, and then he rocked 4000 enthusiastic music fans at the actual venue, which gave him high esteem in Pacha; He made Mix CDs for 3 years in a row.
He changed his agency to AVEX Japan in 2007 and released an original album “What time is summer of love?”. The song “Traveling” from the album had a number of requests for licensing all over the world; It ended up to be released from Pacha Recording in 2008.
Also a title track from the album “What Time Is Summer Of Love?” had a chance to be remixed by Richard Gray and was chosen as the first track for a “Pacha compilation”. The song became major hit for Pacha Ibiza.
In July 2008, he tried a 24 hours set without resting and succeeded with great applause.
In 2009, the 10th anniversary year, he released a remake-album “Midi In Midi Out” and a best of album “Do You Remember That Night?” as a culmination of his work.
In 2011 He became a Japanese resident DJ for Haçienda, a traditional night club in Manchester, and the next year he was chosen as a resident DJ for a collaboration party organized by “PRIIVILEGE”, one of the biggest night club in Ibiza, and “ageHa”, the largest night club in Japan, which shows he plays the role as a stronge bridge between Japan and the world.
In April 2013 he founded BASS WORKS RECORDINGS where he could develop new and serious dance music for the world. And He will be releasing the original album “May The House Be With You” from Warner Music Japan on July 24th 2013 as his newest release in 6 years.
He is an innovator of modern dance music.

http://sugiurumn.com/
https://twitter.com/sugiurumn
https://soundcloud.com/sugiurumn-1/
http://bass-works-recordings.com/
http://www.facebook.com/sugiurumn

  by 20plus | 2013-09-01 19:51 | ■ GUEST

・2013.05.25 GUEST PROFILE : Sugiurumn

・2013.05.25 GUEST PROFILE : Sugiurumn_f0148146_1682076.jpg

■SPECIAL GUEST DJ PROFILE : SUGIURUMN / スギウラム

SUGIURUMN
BASS WORKS RECORDINGS主宰。
世界最先端のハウスシーンと常にリンクする、唯一無二の日本人DJ/プロデューサー。
2000年にはじめてIbizaへ行き、大きなインスピレーションを受け帰国。

2004年にリリースしたアルバム『Our History is made in the night』が日本のダンスシーンで大きく注目され、シングルカットされた『Star Baby』が大ヒット。
Axwellによるリミックスは、世界のトップDJがこぞってプレイ。
この楽曲はMinistry Of Soundにライセンスされ、東京のみならず世界を巻き込んで大きな話題になる。

パワフルで熱く、シーンの最前線を常に意識したDJスタイルは代官山Airを拠点に日本中の週末を熱狂させ、その噂は瞬く間に海外へ広がる。2006年に世界最高峰のクラブ、Pacha IbizaのミックスCDのDJに選ばれPachaのメインフロアで4,000人のクラウドをロック。
Pachaから絶大な信頼を受け、それから3年連続で毎年Pacha IbizaのMix CDを手掛けている。

2007年、AVEXに移籍し『What time is summer of love?』をリリース。
アルバムからのシングル『Travelling』は世界中のレーベルからライセンスのオファーが殺到し、2008年Pacha Recordingsからワールド・リリースされた。
また、アルバム表題曲『What Time Is Summer Of Love?』はRichard Grayにリミックスされ、Pachaのコンピレーションの1曲目に収録。Pacha Ibizaを代表するヒット曲になった。

2008年7月には京都WORLDにてキャリア初となる24時間プレイに挑戦しオープンからクローズまでの24時間のロングプレイを完走、大きな感動を生んだ。

Sugiurumnとして活動をはじめて10年となる2009年、そのキャリアを総括して、さらなる進化を遂げるべく2010年2月にMIDIより『Midi In Midi Out』を、また自身初となるベスト盤『Do You Remember That Night?』をリリースした。
2011年、マンチェスターの伝説的なクラブ、Haçiendaの日本のレジデントになった。
そして2012年、Ibizaの世界最大のクラブPRIVILEGEと、国内最大のクラブageHaの10周年のコラボレーションPARTYのレジデントを任された。
この夏のIbizaでTechnoに強い影響を受ける。
プレイスタイルもよりTechnoに傾倒、西麻布eleven、京都Worldにて、Texy、名古屋JB'Sでex.usという新しいPARTYをスタートさせた。
2013年4月シリアスなダンスミュージックを世界に発信するBASS WORKS RECORDINGSをスタートさせた。

クラブミュージック、その先のビートはきっと彼が教えてくれるだろう。

http://sugiurumn.com/
http://bass-works-recordings.com/

http://twitter.com/sugiurumn
http://dj.beatport.com/sugiurumn
http://soundcloud.com/sugiurumn-1
https://www.facebook.com/sugiurumn
http://www.beatport.com/artist/sugiurumn/32018

  by 20plus | 2013-05-12 16:08 | ■ GUEST

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE