タグ:Ibiza ( 5 ) タグの人気記事

 

Sugiurumn“May The House Be With You”Release Tour×SNG Birthday Bash!!!

f0148146_1119344.jpg


今、更に大注目のアーティスト!
スギウラムが先日発売された話題のニューアルバム“May The House Be With You”のRelease Tourで松山に上陸します!

世界、日本で活躍する最先端のDJを見逃すなっ!



Sugiurumn“May The House Be With You”Release Tour×SNG Birthday Bash!!!
Produced by CENDRILLON+ presents

09.13.FRI, 2013
【PLACE】club BIBROS
【OPEN&START】22:00
【PRICE】ADV:3000yen(2d)・DOOR:4000yen(2d)・W/F:3500yen(2d)
【プレイガイドチケット・コード】
デュークチケット(dコード:20603)・ローソンチケット(Lコード:67686)・チケットぴあ(Pコード:210-028)

■GENRE
 House | Hardhouse | Techhouse | Minimal | Techno

□SPECIAL GUEST DJ
 Sugiurumn (BASS WORKS RECORDINGS) from TOKYO

■DJ DATA
 ANGELA.DUTCH.HIROMU.i/RYU.KIYOSHI.MAKO.MASAYA.MILK-TEA.NEKO.SAN.SHO.SHIOMI.SNG.TERU.TEPPEI.TGA.TOSHI

f0148146_1119480.jpg


Matsuyama Club Music C.plus of Fine Arts & Music/
Culture. Music. Fashion. Art. Design. Party...
■ information・CENDRILLON+
 http://www.facebook.com/cendrillonplus
 http://www24plus.exblog.jp/
[PR]

  by 20plus | 2013-09-04 11:19 | ■ レギュラーイベント | Comments(0)

•2013.09.13 GUEST PROFILE: SUGIURUMN

f0148146_19543515.jpg


SUGIURUMN

BASS WORKS RECORDINGS主宰。
世界最先端のハウスシーンと常にリンクする、唯一無二の日本人DJ/プロデューサー。
2000年にはじめてIbizaへ行き、大きなインスピレーションを受け帰国。
2004年にリリースしたアルバム『Our History is made in the night』が日本のダンスシーンで大きく注目され、シングルカットされた『Star Baby』が大ヒット。
Axwellによるリミックスは、世界のトップDJがこぞってプレイ。
この楽曲はMinistry Of Soundにライセンスされ、東京のみならず世界を巻き込んで大きな話題になる。
パワフルで熱く、シーンの最前線を常に意識したDJスタイルは代官山Airを拠点に日本中の週末を熱狂させ、その噂は瞬く間に海外へ広がる。

2006年に世界最高峰のクラブ、Pacha IbizaのミックスCDのDJに選ばれPachaのメインフロアで4,000人のクラウドをロック。
Pachaから絶大な信頼を受け、それから3年連続で毎年Pacha IbizaのMix CDを手掛けている。

2007年、AVEXに移籍し『What time is summer of love?』をリリース。
アルバムからのシングル『Travelling』は世界中のレーベルからライセンスのオファーが殺到し、2008年Pacha Recordingsからワールド・リリースされた。
また、アルバム表題曲『What Time Is Summer Of Love?』はRichard Grayにリミックスされ、Pachaのコンピレーションの1曲目に収録。Pacha Ibizaを代表するヒット曲になった。

2008年7月には京都WORLDにてキャリア初となる24時間プレイに挑戦しオープンからクローズまでの24時間のロングプレイを完走、大きな感動を生んだ。

Sugiurumnとして活動をはじめて10年となる2009年、そのキャリアを総括して、さらなる進化を遂げるべく2010年2月にMIDIより『Midi In Midi Out』を、また自身初となるベスト盤『Do You Remember That Night?』をリリースした。
2011年、マンチェスターの伝説的なクラブ、Haçiendaの日本のレジデントになった。そして2012年、Ibizaの世界最大のクラブPRIVILEGEと、国内最大のクラブageHaの10周年のコラボレーションPARTYのレジデントを任された。
2013年4月シリアスなダンスミュージックを世界に発信するBASS WORKS RECORDINGSをスタートさせた。そして7月24日、ワーナーミュージックより、6年振りとなるオリジナルアルバムを『May The House Be With You』発売する。
クラブミュージック、その先のビートはきっと彼が教えてくれるだろう。

Japanese DJ / producer who always links to the latest House music scene in the world.
He went to Ibiza for the first time in 2000 and came back to Japan inspired.
His album “Our History is made in the night(2004)” received fairly-broad attention in the Japanese Dance Music scene, and the song “Star Baby” from the album was a big hit.
The remix version from Axwell was widely played among the top DJs in the world.
This song was licensed by Ministry Of Sound, which built a great reputation not only in Tokyo but also around the globe.His powerful and passionate DJ style rocked the weekends of Japan, being always connected to the latest movement. It didn’t take much time for his name to become world recognized.
In 2006 he was chosen to make a Mix CD for Pacha Ibiza known as one of the best Night clubs in the world, and then he rocked 4000 enthusiastic music fans at the actual venue, which gave him high esteem in Pacha; He made Mix CDs for 3 years in a row.
He changed his agency to AVEX Japan in 2007 and released an original album “What time is summer of love?”. The song “Traveling” from the album had a number of requests for licensing all over the world; It ended up to be released from Pacha Recording in 2008.
Also a title track from the album “What Time Is Summer Of Love?” had a chance to be remixed by Richard Gray and was chosen as the first track for a “Pacha compilation”. The song became major hit for Pacha Ibiza.
In July 2008, he tried a 24 hours set without resting and succeeded with great applause.
In 2009, the 10th anniversary year, he released a remake-album “Midi In Midi Out” and a best of album “Do You Remember That Night?” as a culmination of his work.
In 2011 He became a Japanese resident DJ for Haçienda, a traditional night club in Manchester, and the next year he was chosen as a resident DJ for a collaboration party organized by “PRIIVILEGE”, one of the biggest night club in Ibiza, and “ageHa”, the largest night club in Japan, which shows he plays the role as a stronge bridge between Japan and the world.
In April 2013 he founded BASS WORKS RECORDINGS where he could develop new and serious dance music for the world. And He will be releasing the original album “May The House Be With You” from Warner Music Japan on July 24th 2013 as his newest release in 6 years.
He is an innovator of modern dance music.

http://sugiurumn.com/
https://twitter.com/sugiurumn
https://soundcloud.com/sugiurumn-1/
http://bass-works-recordings.com/
http://www.facebook.com/sugiurumn
[PR]

  by 20plus | 2013-09-01 19:51 | ■ GUEST | Comments(0)

・2013.05.25 GUEST PROFILE : Sugiurumn

f0148146_1682076.jpg

■SPECIAL GUEST DJ PROFILE : SUGIURUMN / スギウラム

SUGIURUMN
BASS WORKS RECORDINGS主宰。
世界最先端のハウスシーンと常にリンクする、唯一無二の日本人DJ/プロデューサー。
2000年にはじめてIbizaへ行き、大きなインスピレーションを受け帰国。

2004年にリリースしたアルバム『Our History is made in the night』が日本のダンスシーンで大きく注目され、シングルカットされた『Star Baby』が大ヒット。
Axwellによるリミックスは、世界のトップDJがこぞってプレイ。
この楽曲はMinistry Of Soundにライセンスされ、東京のみならず世界を巻き込んで大きな話題になる。

パワフルで熱く、シーンの最前線を常に意識したDJスタイルは代官山Airを拠点に日本中の週末を熱狂させ、その噂は瞬く間に海外へ広がる。2006年に世界最高峰のクラブ、Pacha IbizaのミックスCDのDJに選ばれPachaのメインフロアで4,000人のクラウドをロック。
Pachaから絶大な信頼を受け、それから3年連続で毎年Pacha IbizaのMix CDを手掛けている。

2007年、AVEXに移籍し『What time is summer of love?』をリリース。
アルバムからのシングル『Travelling』は世界中のレーベルからライセンスのオファーが殺到し、2008年Pacha Recordingsからワールド・リリースされた。
また、アルバム表題曲『What Time Is Summer Of Love?』はRichard Grayにリミックスされ、Pachaのコンピレーションの1曲目に収録。Pacha Ibizaを代表するヒット曲になった。

2008年7月には京都WORLDにてキャリア初となる24時間プレイに挑戦しオープンからクローズまでの24時間のロングプレイを完走、大きな感動を生んだ。

Sugiurumnとして活動をはじめて10年となる2009年、そのキャリアを総括して、さらなる進化を遂げるべく2010年2月にMIDIより『Midi In Midi Out』を、また自身初となるベスト盤『Do You Remember That Night?』をリリースした。
2011年、マンチェスターの伝説的なクラブ、Haçiendaの日本のレジデントになった。
そして2012年、Ibizaの世界最大のクラブPRIVILEGEと、国内最大のクラブageHaの10周年のコラボレーションPARTYのレジデントを任された。
この夏のIbizaでTechnoに強い影響を受ける。
プレイスタイルもよりTechnoに傾倒、西麻布eleven、京都Worldにて、Texy、名古屋JB'Sでex.usという新しいPARTYをスタートさせた。
2013年4月シリアスなダンスミュージックを世界に発信するBASS WORKS RECORDINGSをスタートさせた。

クラブミュージック、その先のビートはきっと彼が教えてくれるだろう。

http://sugiurumn.com/
http://bass-works-recordings.com/

http://twitter.com/sugiurumn
http://dj.beatport.com/sugiurumn
http://soundcloud.com/sugiurumn-1
https://www.facebook.com/sugiurumn
http://www.beatport.com/artist/sugiurumn/32018
[PR]

  by 20plus | 2013-05-12 16:08 | ■ GUEST | Comments(0)

SUGIURUMN 10th Anniversary!!!



Sugiurumnさんがsugiurumnとして活動はじめて10周年です!!!
本当におめでとうございます★
外見も中身もファッションも全てが最高にカッコイイ~!!!
最高です★
今後も応援しております♪

松山にはずっと来て下さっていて、本当にお世話になっています!

2005_11_26_SAT ■SUGIURUMN
2006_07_08_SAT ■SUGIURUMN
2006_10_21_SAT ■eve ready x INSIST x ■STUDIO APARTMENT(森田昌典)x ■SUGIURUMN x ■DAISHIDANCE
2007_08_18_SAT ■sugiurumn
★CENDRILLON+ The 1st Ann!VerSarY SPECIAL★
2008_07_04_FRI ■sugiurumn
★CENDRILLON+ The 1st Ann!VerSarY SPECIAL★FINAL
2008_12_26_FRI ■DJ EMMA. SUGIURUMN
2009_09_11_FRI・12_SAT・13_SUN ”The Private Beach”
■sugiurumn (avex)
2009_12_25_FRI -FACTORY- present's
■sugiurumn (avex)

今年も10周年記念、初のベストアルバムツアーで来て下さいます!
今回もかなり盛り上がりそうで今から楽しみですねっ♪


沢山の名曲が。。。
f0148146_21434448.jpg


そして、
f0148146_21451898.jpg

f0148146_21464524.jpg

 世界最先端のハウス・シーンと常にリンクする、唯一無二の日本人DJ / プロデューサーのSugiurumn。アンダーワールドの名曲「ボーン・スリッピー」のカヴァーを含んだニュー・シングル「Acid 2 Acid」に引き続き、ファン待望のニュー・アルバム『Midi In Midi Out』(MDCL-1501 税込2,783円)が、MIDIより2月に発売されます。

 本作はソロ活動10周年を記念した作品で、SugiurumnがMIDI在籍時に発表した音源を本人自らがセルフ・リミックス。Sugiurumnの初期クラシックスが2010年代仕様に華麗にメジャー・チェンジを果たしています! アルバムにはまた、パワフルなフロア直系の新曲も収録。Sugiurumnのこれまでと、これからを繋ぐメモリアル・アルバムと言える仕上がりです。アルバムは2月24日発売。

http://www.sugiurumn.com
http://www.myspace.com/sugiurumn
http://www.avexnet.or.jp/sugiurumn
[PR]

  by 20plus | 2010-06-24 21:48 | ★ NEW'S | Comments(0)

2009.12.25 GUEST PROFILE

f0148146_19562877.jpg

■sugiurumn

世界最先端のハウスシーンと常にリンクする、唯一無二の日本人DJ/プロデューサー。
2000年にはじめてIbizaへ行き、大きなインスピレーションを受け帰国。
2004年にリリースしたアルバム『Our History is made in the night』が日本のダンスシーンで大きく注目され、シングルカットされた『Star Baby』が大ヒット。
Axwellによるリミックスは、世界のトップDJがこぞってプレイ。
この楽曲はMinistry Of Soundにライセンスされ、東京のみならず世界を巻き込んで大きな話題になる。
パワフルで熱く、シーンの最前線を常に意識したDJスタイルは代官山Airを拠点に日本中の週末を熱狂させ、その噂は瞬く間に海外へ広がる。
2006年に世界最高峰のクラブ、Pacha IbizaのミックスCDのDJに選ばれPachaのメインフロアで4,000人のクラウドをロック。Pachaから絶大な信頼を受け、それから3年連続で毎年Pacha IbizaのMix CDを手掛けている。
2007年、AVEXに移籍し『What time is summer of love?』をリリース。
アルバムからのシングル『Travelling』は世界中のレーベルからライセンスのオファーが殺到し、2008年Pacha Recordingsからワールド・リリースされた。
また、アルバム表題曲『What Time Is Summer Of Love?』Richard Grayにリミックスされ、Pachaのコンピレーションの1曲目に収録。
Pacha Ibizaを代表するヒット曲になった。
2008年7月には京都WORLDにてキャリア初となる24時間プレイに挑戦しオープンからクローズまでの24時間のロングプレイを完走、大きな感動を生んだ。
2009年、Sugiurumnとして活動はじめて10周年になる。
そのキャリアを総括して、さらなる進化を遂げるべく今秋自身初となるベスト盤をリリース予定。
クラブミュージック、その先のビートはきっと彼が教えてくれるだろう。


Sugiurumn is the one and only Japanese DJ/producer that is always in link with the world’s cutting edge house scene. It was in early 2000 that Sugiurumn first encountered Ibiza. He was much inspired and returned the inspiration back to Japan. Sugiurumn’s album “Our History is Made in the Night” was released in 2004. This album drew large attention in the Japanese dance scene and single “Star Baby” became a smash hit. This track was remixed by Axwell and DJs all over the world all played this tune. “Star Baby” got licensed by Ministry Of Sound and became a hit tune not only in Tokyo, but all around the world. Sugiurumn’s powerful, passionate and latest DJ style rocked the weekends of Japan. His base club was Daikanyama Air, and the words of mouth quickly spread over the sea. In 2006, Sugiurumn was selected as the DJ of Pacha Ibiza’s mix CD and rocked the 4,000 people in the Pacha main floor. Sugiurumn achieved great credit from Pacha, and done Pacha Ibiza’s mix CD for 3 consecutive years. In 2007, Sugiurumn signed with Avex and released “What Time is Summer of Love?” License offers from labels all over the world came flooding in for its recorded single “Travelling” and it was released worldwide from Pacha Recordings in 2008. Meanwhile the title track “What Time is Summer of Love?” was remixed by Richard Gray and got recorded in the first track of Pacha compilation. “What Time is Summer of Love?” became one of Pacha Ibiza’s biggest hit. In July 2008, Sugiurumn challenged for a 24 hour play at Kyoto World. He made through this incredible journey from start to end. When the long play ended, the place was filled with great thrill and enthusiasm. 2009… This year is the 10th anniversary for artist Sugiurumn. His much anticipated first best album will be released this fall. In this album, Sugiurumn’s past career as well as future visions will be fully presented. …He will be the man to show us the next beat.


http://sugiurumn.com/
http://www.myspace.com/sugiurumn
http://www.avexnet.or.jp/sugiurumn/
[PR]

  by 20plus | 2009-12-25 19:43 | ■ GUEST | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE