2014.11.22 GUEST PROFILE: DJ Sodeyama (ARPA Records) from TOKYO

f0148146_2031784.png


■DJ Sodeyama (ARPA Records) from TOKYO
DJ、プロデューサー、そしてレーベルARPA Records主宰。
日本全国のクラブやフェスティバルでプレイするほか、日本最大の屋内レイブWIREには3年連続(2011,2012,2013)で出演。
韓国、台北、北京、香港、ドイツ、ギリシャ、オーストリア、カナダ等でもツアーを敢行するなどワールドワイドに活動している。
制作面では、2006年にリリースした1stアルバム『Metal Heart』を切っ掛けに、Marco Carolaのリリースで知られるZENITと日本人として初めて契約。
数枚のEPをリリースし世界中のDJ達にプレイされた。

2007年には2ndアルバム『Dual』をリリース。2008年にはデジタルオンリー・レーベルNo:More Recを始動させ、リミックス・アルバム『The:Remix』をリリースし、ベルリンツアーも敢行して成功を収めた。
その後、カナダのレーベルArchipelからリリースされた’Now Is The Time’が、LucianoをはじめLaurent Garnier、Mathias Kaden、Nick Curly等にプレイ・サポートされ、2009年にはカナダツアーも敢行。

2011年には世界最大手ダンスミュージックディストリビューターWordandsound配給の下、自身の新レーベルARPA Recordsをローンチ。
第1弾リリース’DJ Sodeyama / Miles’は、Nick Curlyがリミックスを務めた。
第2弾以降も、Glimpse、Radio Slave、Tim Xavier、Christian Burkhardt等の強力なリミキサー陣を迎えた内容で注目を集め、Sven Vath、Richie Hawtin、Loco Dice、Josh Wink、Dubfireなど世界中のDJ達がプレイ。
日本が世界に誇るレーベルの一つになろうとしている。
自身の名義の他に、ダウンビート・プロジェクト「Lo:Bloc」としてアルバム『From Northern Clims』を2009年にリリース。

2013年にはニュー・プロジェクト「The People In Fog」としての1stアルバム『A Ray Of Light』をリリース。
2014年は自身のニューアルバムのリリースや、海外レーベルからのリリースを控えている。多角的視点からのエレクトロニック・ミュージックを軸とし、唯一無二の世界を創りあげるアーティストである。
[PR]

  by 20plus | 2014-11-22 22:00 | ■ GUEST | Comments(0)

<< - NORM - Guest... ■DJ EMMA _ ACID... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE