2011.04.28 GUEST PROFILE

f0148146_16444768.jpg


SATOSHI TOMIIE –富家 哲–
東京生まれ、クラシックのピアノ教育を受けジャズを聴いて育った富家はバンド活動などを経て学生時代にクラブへ通いはじめる。
フランキー・ナックルズに渡したデモテープがきっかけでハウス・クラシックスとなった『TEARS』を発表、その後NYへ渡りDEF MIX PRODUCTIONSの一員としてハウス・ミュージックの礎を作った。
2000年に初のアーティスト・アルバム『FULL LICK』をリリース、高い音楽性で周囲を驚かせより幅広いジャンルで一気にファンを増やした。

富家哲とパートナーHector Romeroで立ち上げたSAW.RECORDINGSはスタートから現在まで幅広いジャンルのDJたちから熱いサポートを受け、10周年を記念したアルバム『EDIZIONE』を今年リリース。SAWはDJユースなシングルはもちろん、スイスのCHABによる初アーティスト・アルバムはじめ、『Undulation』シリーズ、富家自身によるMIX CDなどそのときどきで衝撃的な作品を発表。またマイアミWMC他各地でのレーベルパーティが世界のクラバーの中で定番になっていた中、ここ日本ではAIRで富家とHECTORのみならず、彼らがイチオシするアーティストを紹介する「SAW@AIR」を2008年からスタート。未だ知られていない才能にスポットライトを当て、ジャンルにとらわれることなくクオリティ高い音楽を紹介していくという富家哲の思想が貫かれているのがSAWの特徴。このことがグローバル・シーンでの高く信頼される要因となっている。

2002年、新しいスタイルを提示するDJにスポットを当てる「NuBreed」(Global Underground) をMIX。クラブ・カルチャーの歴史を作る役を担ったREANAISSANCEが放ったシリーズ『3D』(CLUB, HOME, STUDIO3枚組のコンセプトアルバム)の第1弾を2006年に担当してシーンの話題をさらった。07年再びルネッサンスから『Masters Series Pt9』を、08年は同じ『Masters Series』で富家のMIX CDがリリースされ、グローバルシーンでの地位を確立。2010年はMatthias TazmannとカップリングでのMIX CDをミコノスのCavo Paradisoからリリースしている。

現在、文字通り世界中を飛び回ってDJギグをこなしている。イタリアとアルゼンチンでは特に人気が高いが、ブラジル、コロンビア、メキシコなどの中南米諸国、ブルガリアやルーマニアなど東欧地域でも人気。旅をしていない時はNYをベースにスタジオ作業/レーベル運営、という多忙な日々を送っている。
http://www.satoshitomiie.com    
http://www.sawrecordings.com
[PR]

  by 20plus | 2011-03-31 16:56 | ■ GUEST | Comments(0)

<< -FACTORY.- &qu... 2011.04.22 GUES... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE